「射水市糖尿病Day」10年の歩み

「射水市糖尿病Day」10年の歩み

2011年、射水市医師会は世界糖尿病デーに連携して糖尿病に対する射水市民の理解を深めてもらうための企画を提案、射水市、厚生センター、製薬会社の協賛を得て糖尿病劇場・さわやか体操・特別講演の内容で毎年開催してきた、これが「射水市糖尿病Day」である。第1回の特別講演講師は河盛隆造教授で、教授はトロント大学に留学、ベスト研究所でまだお元気であったインスリン発見のベスト教授とも交流、またNHKの「ためしてガッテン」に出演した時のことも交え、スライドなしの講談? しょっちゅう笑いが沸き上がるという、聞いて楽しい講演でした。

以降「射水市糖尿病Day」はそれぞれの内容で開催、特別講演は各講師の得意な分野から糖尿病との関連でわかりやすく話していただきました。昨年の「射水市糖尿病Day2020」は、本会10年目になる区切りでもあり、この10年間の糖尿病学の進歩と将来への夢を第1回目の講師、河盛教授にお話しいただく予定でしたが残念ながらコロナ感染症の流行で中止となりました。

糖尿病は未だ完治出来ません。コロナの感染状況に応じた形となりますが「射水市糖尿病Day」も継続します。皆様ご期待ください。

おおがくクリニック 院長 大角誠治

実施日等糖尿病劇場特別講演
射水市糖尿病Day2011
平成23年11月13日()
射水市大門総合会館
「お父さん、それって糖尿病じゃない?!」
劇団:富山福祉短期大学
監督:吉田百合子先生
「増え続ける糖尿病とどう付き合う?」
講師:河盛 隆先生
座長:大野太郎先生
射水市糖尿病Day2012
平成24年11月11日()
高周波文化ホール
「カラダをこわしては、人生がもったいない」
劇団:富山福祉短期大学
監督:吉田百合子先生
「糖尿病とメタボの不思議な関係」
講師:松岡健平先生
座長:平谷和幸先生
射水市糖尿病Day2013
平成25年11月10日()
高周波文化ホール
「血糖値は上がるか、下がるか、上げない工夫は」
劇団:富山福祉短期大学
監督:吉田百合子先生
「糖尿病と歩み、生活に潤いを」
講師:堀田 饒先生
座長:堀 宏之先生
射水市糖尿病Day2014
平成26年11月9日()
アイザック小杉文化ホール ラポール
「糖尿病と血圧の関係、そして、血圧を上げない工夫」
劇団:富山福祉短期大学
監督:吉田百合子先生
「自分で守ろう健康長寿〜糖尿病合併症の予防をめざして〜」
講師:柏木厚典先生
座長:大角誠治先生
射水市糖尿病Day2015
平成27年11月3日()
高周波文化ホール
「糖尿病 生活との折り合いのつけ方」
劇団:富山福祉短期大学
   真正会富山病院TIPS
監督:吉田百合子先生
   平谷和幸先生
「糖尿病の克服は健康長寿に繋がる」
講師:古家大祐先生
座長:大野太郎先生
射水市糖尿病Day2016
平成28年11月3日()
高周波文化ホール
「若者の糖尿病・高齢者の糖尿病 ロコモ対策」
劇団:富山福祉短期大学
   真正会富山病院TIPS
監督:吉田百合子先生
   平谷和幸先生
「知らない間に進む糖尿病網膜症─早期発見と最新治療」
講師:林 篤志先生
座長:平谷和幸先生
射水市糖尿病Day2017
平成29年11月3日()
高周波文化ホール
「糖尿病における足・口腔のトラブル」
劇団:富山福祉短期大学
   真正会富山病院TIPS
監督:吉田百合子先生
   平谷和幸先生
「膝と足の痛み治療─ロコモから糖尿病まで」
講師:木村友厚先生
座長:堀 宏之先生
射水市糖尿病Day2018
平成30年11月3日()
高周波文化ホール
「生活習慣病とは?インスリン治療とは?」
劇団:富山福祉短期大学
   真正会富山病院TIPS
監督:吉田百合子先生
   平谷和幸先生
「糖尿病と認知症」
講師:笠井高士先生
座長:手丸理恵先生
射水市糖尿病Day2019
令和元年11月4日()
高周波文化ホール
「サポート体制・自分が主治医」
劇団:富山福祉短期大学
   真正会富山病院TIPS
監督:吉田百合子先生
   平谷和幸先生
「糖尿病とがんの危険な関係」
講師:大橋 健先生
座長:大角誠治先生
射水市糖尿病Day2020
令和2年11月3日()
高周波文化ホール
(中止)(中止)