ページトップへ戻るためのリンクです。

在宅医療いみずネットワーク

代表 野澤 寛

 

「在宅医療いみずネットワーク」は、多職種が連携して在宅医療を支援する仕組みです。

平成21年10月に矢野博明先生を代表として射水市医師会内に発足し、令和3年9月現在では射水市内の100を超える事業所の330名を超える医療・ケア従事者が参加するネットワークに育ちました。

医療や介護が必要になっても、住み慣れた「射水」の地で、自分らしく最後まで暮らし続けられる様に、ネットワークの力で支援しています。

また「365日・24時間の安心、安全な在宅医療」を提供するために、総合病院との連携を強化し、射水市行政と共同し多職種同士の連携・情報共有を重視した取り組みを展開しています。

コロナ禍で療養の場への希望には少なからず変化があり、在宅医療の重要性は改めて注目されています。地域医療を担う医師会にあって、私達は専門職同士の交流で常に新しい知識や技能を身に着け、協力し合って地域住民の皆様の笑顔を支えたいと考えております。

 

ネットワークシステムと訪問診療内容 

・末期がん患者の診療
・在宅高カロリー輸液(在宅IVH)
・胃ろう管理(PEG)
・在宅自己注射管理
・在宅酸素療法管理(HOT)
・気管切開管理
・ストーマ管理
・褥創ケア
その他、相談に応じます。
▲ページトップへ戻る